雑学に関して、方位の画像

雑学博士の一日

雑学に関して、方位の画像

豆知識も役に立ちます

何でも知っていれば良いというわけではないが、この世の中、自分が想像できない出来事や暮らしの知識や知恵、趣味の世界や仕事上で役立つヒントなど、面白い情報が身の周りには沢山あります。
中には 何の役にも立たないような事柄など もありますが、それはそれでいつか価値あるものになるかもしれません。
本記事は、日常生活にちょっと潤いを与えるような、豆知識を少しづづまとめたものです。これだけで終わりではなく、今後も継続して、雑多な知識を紹介しようと考えています。

スポンサーリンク

北枕は縁起が悪いのか?

頭を北にして寝ると縁起が悪いから止めなさいと、昔は父母からよく言われた。これは、遺体を寝かせておくときの向きとして定められているのが「北枕」だからだ。

北枕はお釈迦様と同じ姿で、死者に西方浄土へ渡ってもらおうという親族の儀式の一つだった。現在でも、遺体は北枕以外では寝かせてはいないと思う。

しかし、「頭寒足熱」の言葉があるように、北側の日が当たらない寒い部屋では頭を北にして、日がよく当たる南側には足を置く。このようにして寝れば安眠できるのではないか。

地球の磁場からみても、地磁気が北から南に向かっているから、北枕で寝ると地磁気に沿って血行がよくなり、もしかしたら安眠できるかもしれない。さあ、皆さんどうしますか。? え、私ですか。東枕で寝て毎日が安眠です。

地軸の説明画面
引用元:pixabay.com

コーヒーかすの利用方法

さて、このコーヒーを淹れた後のコーヒーかすを皆さんはどうしてますか。?そのままゴミ箱にポイでしょうか。う~ん それでは勿体ない。

私は、次のような二つのことを実行しています。
落ち葉や野菜の切れ端、油粕などと混ぜ合わせて「堆肥」をつくる。これは、ある程度の時間はかかりますが、コーヒーかす自体が栄養を持っているため、非常に良い堆肥が出来上がります。
もう一つは、「脱臭剤」として利用することです。どうして脱臭剤になるのかというと・・・・
コーヒーを挽いたあとの粉には一つひとつに目に見えない小さい穴がたくさんあり、外に触れる面積がとでも大きい。この大きな表面積で臭いの分子を吸着し、効果的に臭いを取ってくれているわけです。
同じような機能を持つものとして、「活性炭」がありますが、コーヒーかすの方が脱臭効果があるとも言われていますので、皆さんお試しあれ。
!今日もコーヒーで乾杯!

カップに入れたコーヒーの画面
引用元:pixabay.com

七変化のアジサイはどんな花?

紫陽花 と書いてアジサイ、梅雨時に花を咲かせてくれるこの花は、すべての花が装飾花として改良された園芸品種になる。花言葉は「移り気」でこの花の性質どおり。

装飾花というのはアジサイの花びらに見える部分、いわゆる「ガク」のことをいう。実際の花の部分は小さいため、あまりめだたない。園芸種として何百種もあるようだが、同じ種類でも土地質や時期によっていろいろな顔を見せてくれる。

さまざまな色に変化するアジサイだが、青色や赤色の花が咲くのは皆さんがご存じのとおりである。 アジサイは土壌のph(酸性度)によって花の色が変わり、一般に「酸性ならば青、アルカリ性ならば赤」になると言われている。リトマス試験紙のようだとよく言われるが、リトマス試験紙とは逆になる。

アジサイの花(ガク)を青い色にしたければアントシアニンという色素と、アルミニウムが必要である。アルミニウムは土の中に多少なりとも含まれていて、土が酸性だと、アルミニウムが水に溶けて根から吸収され、花が青くなる。

私も以前、実験のためにピートモスという強酸性の土壌改良剤を購入して、それを土に混ぜ、赤いアジサイから挿し芽で育てたアジサイを植えたことがある。その結果は、” 見事に青くなりました” シーズンが到来したら、どうぞお試しあれ。

アジサイの花
引用元:pixabay.com

スポンサーリンク

ベートーヴェンの「運命」とは

この曲の正式の名称は、ベートーヴェン作曲「交響曲第5番ハ短調作品67」ですが、一般には「運命」と言ったほうがなじみが深い。

ベートーヴェンが38歳頃で重度の難聴の時期、1808年(文化5年)、日本では江戸時代に書かれた作品です。

ではなぜ通称名称の「運命」のほうが、有名になったかというと、ベートーヴェンの弟子のアントン・シンドラーの「冒頭の4つの音は何を示すのか」という質問に対し「このように運命は扉をたたく」とベートーヴェンが答えたことに由来しているようだ。

しかし、このことについてはシンドラーが、ベートーヴェンの会話帳を改ざんしていたようで信憑性に問題があるとされている。

真偽ははっきりとしないものの、日本では現在でも『運命』と呼ばれることが多い。海外においても同様の通称が用いられることがあるようだ。

私も、クラシック音楽が好きで、「運命」だけで4枚のレコード、ハイレゾ音楽でも保有している。あのダダダダ~ンはやはりインパクトたっぷりである。

ベートーヴェンの楽譜画面
引用元:pixabay.com
スポンサーリンク
雑学に関して、方位の画像
最新情報をチェックしよう!