Windows 11の機能と使い方

アイキャッチ画像

「Windows 11はこんなOSです」の記事(関連記事を参照)では、Windows 11の基本的事項についてご紹介しましたが、本記事ではWindows 11の機能と使い方について掘り下げて解説いたします。

関連記事

MicrosoftはWindowsの最終バージョンとしてきたWindows 10から、新たに開発したWindows 11を2021年10月5に発売しました。大型アップデートでは追いつかなくなり、新OSの登場ということになったわけです。わた[…]

アイキャッチ画像

スポンサーリンク

1 スタートメニューの使い方

Windows 11のスタートメニューはデスクトップ中央に配置され、Windows 10のようなタイル表示はなくなりました。それに伴いスタートボタンもタスクバーの中央に配置されています。

最下部にはMicrosoftアカウントのプロフィールアイコンと電源ボタンが配置されています。
以下の画像を参照

スタートメニューの画像


スタートボタンをクリックすると、最初に表示されるのは以下1-1のようなスタートメニューにピン留めされた「アプリアイコン群」と「おすすめ」です。

1-1 すべてのアプリへの切り替え

①の「すべてのアプリ」をクリックすると「ピン留め済みアプリ」から「すべてのアプリ一覧」に切り替えができます。

スクリーンショット画像

1-2 すべてのアプリ一覧の表示

すべてのアプリ一覧の表示は、以下のようにWindows 10と同じように名前順に表示され、マウススクロールやスクロールバーでドラッグすれば下にスクロールできます。

「戻る」ボタンをクリックすると元の「ピン留め済み」アイコンが表示されます。

スナップショット画像

スポンサーリンク

1-3 おすすめの表示

上の1-1画像内の「おすすめ」は最近追加されたアプリやファイル名などが表示され、1-1②の「その他」をクリックするとおすすめ一覧が表示され、「戻る」ボタンをクリックすると元の状態が表示されます。

スクリーンショット画像

1-4 スタートボタンの右クリックメニュー

スタートボタンの右クリックによるメニューは以下のとおりで、Windows 10では、Power Shellと呼んでいたコマンドユーザーインターフェースは、Windows 11ではWindows ターミナルと呼称しています。

Windows 10のメニュー

スナップショット画像
 
 
Windows 11のメニュー

スナップショット画像

2 アプリをスタートにピン留めする

スタートにピン留めする方法はWindows 10の操作方法とlほぼ一緒で、「すべてのアプリ」を表示してから操作します。

  1. スタートボタンと「すべてのアプリ」を順番にクリックし「すべてのアプリ」を表示します。
  2. 対象のアプリアイコン上で右クリックし、表示されたメニューから「スタートにピン留めする」をクリックします。
    スタートにピン留め画像

  3. 「戻る」ボタンをクリックし、ピン留め済みアプリの一番下までスクロールすると、ピン留めしたアプリが確認できます。
ピン留めを外す

対象のアプリアイコン上で右クリックし、表示されたメニューから「スタートからピン留めを外す」をクリックします。

ピン留め画像

3 タスクバーにピン留めする

タスクバーにピン留めする方法も、Windows 10と同じ手順なので戸惑うことはないでしょう。タスクバーはクィックアクセスできるので、使用頻度の高いアプリをピン留めしましょう。

  1. 上述2と同じように「すべてのアプリ」を表示します。
  2. 対象のアプリアイコン上で右クリック、表示されたメニューから「詳細」上でマウスオーバー(ポインターを乗せる)し、メニューから「タスクバーにピン留めする」をクリックします。
    ピン留め画像

* 起動中のアプリはタスクバーにアイコンが表示されるので、そのアイコン上で右クリックすることでもピン留めが可能です。

ピン留めを外す

タスクバー上の対象アプリアイコンを右クリックし、メニューから「タスクバーからピン留めを外す」をクリックします。

4 スナップレイアウトの使い方

新機能であるスナップレイアウトは、あらかじめ用意されたレイアウトから使いたいものを選択し、ウインドウを配置する機能です。

Windows 10でも類似する機能はありましたが使い勝手はイマイチでした。Windows 11のそれは、とても便利で是非とも利用すべきです。特に大画面モニターを使っているユーザーはその恩恵にあずかることでしょう。

4-1 スナップレイアウトの種類

あらかじめ用意されているレイアウトは、私が使用している FHD(1920×1080)、 WQHD(2,560×1,440)モニターでは、以下のような6種類が選択できました。

なお、レイアウトの種類についてはモニターの解像度に依存し、4種類または6種類が表示されるようです。

スナップレイアウト画像

4-2 スナップレイアウトの配置方法

スナップ レイアウト表示は、任意のウィンドウ右上の最大化ボタン「□」上でマウスオーバー(ポインターを乗せる)するか、「Win + Z」 キーを押すことで表示できます。

  1. 任意のウィンドウ右上の「□」ボタン上でマウスオーバーしレイアウトを表示させます。
  2. ウィンドウを配置する最初のエリア(枠)をクリックします。
    スナップレイアウト画像

  3. 次に配置するウィンドウをクリックします。
    スナップレイアウト画像

  4. 次に配置するウィンドウをクリックします。
    スナップレイアウト画像

  5. すべてのウィンドウが指定された位置に配置されました。

5 仮想デスクトップの設定

仮想デスクトップはWindows 10からある機能ですが、Windows 11ではデスクトップごとに背景画像が設定できるようになりました。

デスクトップは1つしかないように見えますが、仮想的にデスクトップを複数作って、それを切り替えて使用することができます。デスクトップの数には制限がないので、個人の用途に合わせていくつでも作成できます。

複数の作業を並行して行ったり、作業内容ごとに使い分けたいといった場合などは、作成したデスクトップを切り替えることで作業も円滑に進めることができます。
仮想デスクトップはタスクバーの「タスクビュー」ボタンから確認できます。以下の画像は仮想デスクトップの例です。

5-1 仮想デスクトップの追加方法

  1. タスクバーの「タスクビュー」ボタンをクリックして仮想デスクトップを表示します。
    「Win+Tab」キーを押してもOK。「タスクビュー」ボタン上でマウスオーバーからもOKです。
  2. 「新しいデスクトップ」をクリックすると新しいデスクトップが追加されます。

    仮想デスクトップ画像


    仮想デスクトップ画像

  3. 追加したデスクトップをクリックするとデスクトップが切り替わります。

♦ デスクトップを素早く切り替えるには、「Win + Ctrl +  ←/→」を押します。

5-2 デスクトップの背景画像を変更する

複数のデスクトップを使っていると、どのデスクトップを使っているか分からなくなります。各デスクトップに背景画像を設定しましょう。もしデスクトップを閉じてしまったら、改めて背景画像を設定してください。

  1. 上述5-1 ①の手順で仮想デスクトップを表示します。
  2. 設定したいデスクトップ上で右クリックし、メニューから「背景の選択」を選びます。
    仮想デスクトップ画像

  3. 背景設定画面が表示されたら、標準の画像や「写真を参照」から任意の画像を選択します。
    仮想デスクトップ画像

  4. タスクビューをクリックして背景が変更されたか確認します。
    仮想デスクトップ画像

6 ウイジェットの設定方法

6-1 ウイジェットボードの表示方法

Windows 7ではガジェットと呼ばれていたウイジェットの復活です。スマートフォンではごく当たり前のように使っていましたが、Windows 11でも利用できるようになりました。

なお、ウイジェットはMicrosoftアカウントにログインしていないと利用できません。

  1. タスクバーの「ウイジェット」ボタンをクリックします。
    ウイジェット画像

  2. デスクトップ左にウイジェットボードが表示されます。
    ウイジェット画像

  3. ウイジェットを閉じたいときはウイジェットボード以外の場所をクリックします。
  1. ウイジェットボードを開いて「ウイジェットの追加」をクリックします。(上記②画像を参照)
  2. 目的のウイジェットをクリックして追加します。
    ウイジェット画像

6-3 ウイジェットの削除方法

  1. 削除したいウイジェット右上の「…」横三点リーダーをクリックし、メニューから「ウイジェットの削除」をクリックします。
    ウイジェット画像

以上でWindows 11の機能と使い方の一部の解説を終わります。Windows 11に関する情報については継続してご紹介いたします。

スポンサーリンク
アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!