Windows 11 スタートメニューの「おすすめ」を表示したり非表示にする

アイキャッチ画像

更新:2022年7月16日
 記事のリンク先を追加

Windows 11のスタートボタンを押すと、最初に表示されるのが「ピン留め済み」と「おすすめ」です。

今回は、スタートメニューの「おすすめ」と「フォルダー」の表示、非表示の設定について解説致します。

Windows 11に関する記事については、以下のリンクも合わせてご覧ください。

関連記事

ノートパソコンやデスクトップパソコンのディスプレイは、通常は自動的に適正な解像度に設定されています。しかし、最適に設定されているディスプレイの解像度がどうも合わない、文字サイズが小さくで見づらいなど、ユーザーにより感じ方は様々です。今回は[…]

アイキャッチ画像
関連記事

本記事をご覧の皆様もWindows 10からWindows 11にアップグレードしたり、Windows 11がインストールされたPCを購入して、仕事や趣味などで大いに利用していることと思います。ここでは、Windows 11の環境設定を見[…]

アイキャッチ画像
スポンサーリンク

1 「おすすめ」欄を非表示にする

スタートメニューの「ピン留め済み」アプリの下に、「おすすめ」という欄があります。ここには最近追加したアプリや最近開いたファイルが表示されます。

Windows 11スタートメニュー画面

使い方次第では便利かもしれませんが、1台のパソコンを家族など複数の人が使う場合は、ちょっとした問題が発生します。

自分が使っているアプリやファイルは、たとえ家族であっても見られたくないと思います。

そんなときは「おすすめ」欄に表示されるアプリやファイルを非表示にしましょう。

非表示にする方法は以下の2通りあります。

個別に非表示にする

表示させたくないアプリやファイルを「右クリック」して、コンテキストメニューから「リストから削除」を選択すると個別に消去できます。

Windows11スタートメニュー画面

一括して非表示にする

Windows 11の標準設定では、最近追加したアプリやよく使うファイルは以下のように自動表示されます。

Windows 11スタートメニュー画面

アプリやファイルを一括して非表示にしたい場合は、「個人用設定」から変更します。

Windows 11の「設定」 ➡ 「個人用設定」 ➡ 「スタート」と順番に開くと、以下のような3項目の設定画面が表示されます。
「最近追加したアプリを表示する」
「よく使うアプリを表示する」
「最近開いた項目をスタート、ジャンプリスト、ファイルエクスプローラーに表示する」(最近開いたファイルを指します。)

Windows11スタートメニュー画面

すべて非表示にしたい場合は、右端のトグルスイッチを3つとも「オフ」にします。すると以下のように非表示になります。表示しておきたい項目は「オン」にします。

Windows 11スタートメニュー画面

「よく使うアプリ」の表示は、「おすすめ」欄ではなく、以下のように「すべてのアプリ」一覧の上部に表示されます。

Windows 11スタートメニュー画面

2 フォルダーを表示する

Windows 11ではスタートメニューにドキュメントやピクチャなどのフォルダを表示できます。

標準設定ではオフになっていますのでオンにしてみましょう。表示される場所は、電源ボタンの横です。

Windows 11の「設定」 ➡ 「個人用設定」 ➡ 「スタート」 ➡ 「フォルダー」と順番に開きます。

すると以下のような「フォルダー」一覧が表示されます。

Windows 11スタートメニュー画面


「設定」から「個人用フォルダー」までの9項目の中から、表示したいフォルダーのトグルスイッチをオンにします。

すると以下のように、電源ボタンの左横にフォルダーアイコンが表示されます。

Windows 11スタートメニュー画面

以上で「Windows 11 スタートメニューの「おすすめ」を表示したり非表示にする」に関する解説を終わります。

スポンサーリンク
アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!