Windows 11の音声入力機能を使ってみる

アイキャッチ画像

2021年10月リリースされたWindows 11ですが、いち早くアップグレードしたユーザー、PCを新規に購入した人、あるいは乗り換えには慎重派など対応は様々かと思います。

私の場合は、手持ちのPCP2台ともアップグレードの対象とはならず、急遽デスクトップPCを自作した次第です。

当Webサイトでは、そのWindows 11に関する記事についていくつかご紹介していますが、今回は、Windows 11の新たな機能の中から、とても便利な「音声入力機能」をピックアップして、その概要と使い方についてご紹介致します。

Windows 11に関する記事については、以下のリンクも合わせてご覧ください。

関連記事

MicrosoftはWindowsの最終バージョンとしてきたWindows 10から、新たに開発したWindows 11を2021年10月5に発売しました。大型アップデートでは追いつかなくなり、新OSの登場ということになったわけです。わた[…]

アイキャッチ画像
関連記事

「Windows 11はこんなOSです」の記事(関連記事を参照)では、Windows 11の基本的事項についてご紹介しましたが、本記事ではWindows 11の機能と使い方について掘り下げて解説いたします。Windows11に関す[…]

アイキャッチ画像
スポンサーリンク

1 音声入力機能の概要と設定

Windows 11の「音声入力機能」は、マイクで喋るとその内容を認識して、テキストとして入力してくれる機能です。

以前からある「Windows音声認識」はパソコン操作などに限定されていましたが、Windows 11の「音声入力機能」ではメモ帳などのアプリでテキスト入力ができます。

Windowsのメモ帳、マイクロソフト オフィスやオープンオフィスあるいはSNSなど、ほとんどのアプリに対応しているのでとても使い勝手がよいです。

また、ブラウザの検索ボックスにキーワードなどもごく普通に音声入力できます。

文字認識の精度については大幅に向上しており、タイピング入力に引けを取らないどころか、十分活用できるレベルといえます。

なお、本機能を使うにはマイクは最低限必要とします。手持ちのマイクでも、マイク付きヘッドセットなどでもよいので、あらかじめ準備してPCと接続します。

ノートパソコンの場合は搭載されているマイクでも利用可能です。

入力デバイス設定の確認

音声入力をする前に入力デバイス(マイク)の設定の確認をします。

  1. Windows 11の「設定」を開き、「システム」と「サウンド」を順番にクリックします。

    入力デバイス設定画面

  2. 「サウンド」が開いたら、「入力」項目の「マイク」を選択します。

    入力デバイス設定画面

  3. 「プロパティ」が開いたら、「マイクのテスト」欄の」テストの開始」をクリックし、マイクに向かって何かしゃべります。
    音声認識ができれば、「入力音量」の右にある青いスライダーに動きが出ます。

    入力デバイス設定画面

言語の確認

  1. Windows 11の「設定」を開き、「時刻と言語」と「音声認識」を順番にクリックします。

    入力デバイス設定画面

  2. 音声認識の言語が「日本語」であることを確認します。

    入力デバイス設定画面

音声認識がうまくできない場合は、以下のようにトラブルシューティングを実行しましょう。

  • 上述「入力デバイス設定の確認」の①を実行し、「サウンドの一般的な問題のトラブルシューティング」欄の「入力デバイス」をクリックします。
  • 上述「言語の確認」①を実行し、「マイクに音声認識をセットアップします」の「開始」をクリックすると「何が機能していませんか?」というトラブルシューティングを実行できます。

音声入力機能の使い方

テキスト入力したいアプリを開いて音声入力を行ってみましょう。

  1. 文字入力したいアプリ(ここではメモ帳)を開き、テキストを入力する位置を選択し、ショートカットキー「Win + H」を押します。

    音声入力画面

  2. 上のように小さな音声入力パネルが表示され、聞き取り待機状態になります。
  3. マイクに向かって、音声入力したい言葉をしゃべります。漢字に変換されてテキストとして入力されます。
    「かいぎょう」の音声も改行されています。

    音声入力画面

いちいちショートカットキーを押して音声入力パネルを表示するのが面倒なら、以下のような設定をします。

  1. 音声入力パネルの「設定」ボタンを押し、「音声入力起動ツール」のトグルスイッチをオンにします。
    句読点を自動入力したければトグルスイッチをオンにします。

    音声入力画面

  2. アプリ上で文字入力する場面になると、ごく小さな音声入力パネルが自動で開きます。
    マイクボタンをクリックします。

    音声入力画面

  3. 「聞き取り待機状態」になります。

    音声入力画面
スポンサーリンク

記号などの入力

音声入力機能では、普通の言葉だけでなく以下のような句読点、記号や改行なども入力できます。
細部はMicrosoftサポートを御覧ください。

入力される文字話 す 内 容
句点  くてん
読点  とうてん
ハイフン  マイナス記号
ビックリマーク  エクスクラメーションマーク  感嘆符
かっこ  かっこ開く  左かっこ
かっことじ  右かっこ  かっこ閉じる
アットマーク  アット記号
$ドル記号
番号記号
アスタリスク
セミコロン
疑問符  クエスチョンマーク  はてなマーク
パーセント記号
アンド記号  アンパサンド
・・・三点リーダー
円記号
等号
かぎかっこ開く  左かぎかっこ
かぎかっこ閉じる  右かぎかっこ

音声入力コマンド

音声入力コマンドを使うと削除やと消去などテキストの編集ができます。

音声入力コマンド話 す 内 容
最後に話した単語または語句を削除する

それを削除
それを消去
それを取り消す

最後に話した単語または語句を選択するそれを選択
音声入力を停止または一時停止する音声入力を一時停止
音声入力を停止
聞き取りを停止
音声モードを停止
音声モードを一時停止

以上で「Windows 11の音声入力機能を使ってみる」に関する解説を終わります。

スポンサーリンク
アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!