名画紹介のためのスクリーン画像

不朽の名作映画! 感動・勇気・涙の洋画集大成!

名画紹介のためのスクリーン画像

アクション・パニック映画

スポンサーリンク

明日に向かって撃て 1969年 アメリカ映画

引用元:imdb.com

予告動画を観る

伝説の銀行強盗ブッチャ・キャシディとサンダンス・キッドの、自由奔放な生きざまを描いた作品です。
この映画を観ると「ボニーとクライド」がリンクしますが、本作品は明るく、楽しく情感さえ感じられます。
ブッチ役のポール・ニューマン、サンダンス役のロバート・レッドフォードともにそれぞれの個性がよく発揮されています。
ロバート・レッドフォードはまだ無名の時代で、本作品は彼の出世作です。
音楽は、バート・バカラック担当、B・J・トーマスが歌った「雨にぬれても」(Raindrops Keep Fallin’ on My Head )が当時大ヒットしました。

監督:ジョージ・ロイ・ヒル
出演:ポール・ニューマン
   ロバート・レッドフォード
   キャサリン・ロス

1970年 第42回 アカデミー賞 脚本賞、劇映画音楽賞、歌曲賞、撮影賞受賞



ポセイドン・アドベンチャー 1972年 アメリカ映画

引用元:imdb.com

予告動画を観る

この映画で大ヒットを記録して気を良くしたのか、2006年制作の「ポセイドン」まで、4度も映画化、テレビ映画化されています。
ストーリー、映像内容としては勿論本作品が圧倒的に優れており、いわゆるパニック映画の礎ともいえるでしょう。
飛行機と違い、船は大きく乗員乗客も多数で、迫力ある映像を作りやすいのでしょう。なお、この時代はCGは存在せず、すべて実写で対応しています。
牧師役のジーン・ハックマンの演技も良いのですが、刑事役のアーネスト・ボーグナインとユダヤ人老女性役のシェリー・ウィンタースは、脇役ながら渋い演技を見せてくれます。
モーリン・マクガバンが歌った主題歌「モーニング・アフター」も当時ヒットしました。

監督:ロナルド・ニーム
主演:ジーン・ハックマン
共演:アーネスト・ボーグナイン
   キャロル・リンレイ
   シェリー・ウィンタース
   

1973年 第45回アカデミー賞 8部門ノミネートされたが、歌曲賞受賞にとどまりました。この年は「ゴッドファーザー」と「キャバレー」が強かったです。
英国アカデミー賞 主演男優賞:ジーン・ハックマン
ゴールデングローブ賞 助演女優賞:シェリ・ウィンタース

タワーリング・インフェルノ 1974年 アメリカ映画

引用元:imdb.com

予告動画を観る

前述の「ポセイドン・アドベンチャー」に続く、パニックアクション作品ですが、こちらは超高層ビルでは発生した火災をテーマに、手に汗を握る展開、緊張の連続で、あっという間の2時間45分でした。
題名の「タワーリング」は高くそびえる。「インフェルノ」は地獄です。
有名俳優が多数出演していますが、特異な俳優として元アメリカンフットボールのスター選手で、引退後に発生した元妻殺人事件の被疑者「O・J・シンプソン」が警備員役で出演しています。

監督:ジョン・ギラーミン
主演:スティーブ・マックィーン
   ポール・ニューマン
共演:ウィリアム・ホールデン
   フェイ・ダナウェイ
   フレッド・アステア
   リチャード・チェンバレン
   ロバート・ワグナー

1975年 第47回アカデミー賞 撮影賞、編集賞、歌曲賞受賞
       8部門ノミネート

スポンサーリンク

タイタニック 1997年 アメリカ映画

引用元:imdb.com

予告動画を観る

豪華客船タイタニック沈没事故を題材にした映画は、サイレント映画から始まり、テレビドラマまで多数存在します。
この船には著名人も多数乗船し、処女航海中の事故ということもあり、ドラマ化する要素が沢山あるのでしょう。
物語の前半は若く貧しい芸術家と、上流階級の娘とのラブストーリーが展開され、中盤から後半にかけてはタイタニックが沈没までパニックとアクションの連続です。
本作の主人公役レオナルド・ディカプリオが22歳の時の作品ですが、何といってもハンサムで、高校生に見えるほど若さが満ち溢れています。
ヒロインのケイト・ウィンスレットは21歳ですが、レオナルド・ディカプリオよりも年上に見えてしまいます。
本作品の興行成績は「アベンジャーズ/エンドゲーム」、「アバター」に続く3位を確保しています。
主題歌は大ヒットしたセリーヌ・ディオンの「My Heart Will Go On」

監督:ジェームス・キャメロン
主演:レオナルド・ディカプリオ
   ケイト・ウィンスレット

1998年 第70回 アカデミー賞 
    作品賞、監督賞はじめ11部門受賞

            14部門ノミネート 

ファイト・クラブ 1999年 アメリカ映画

引用元:imdb.com

予告動画を観る

この作品は少し変わっていて、主人公:(ナレーターという。)が話し手になり、いわゆる一人称の目線で物語が展開されます。
作品内容については、テーマがいまいち理解しづらく、激しい暴力シーンも随所にあります。
スリリングで強烈なインパクトはありますが、人により作品の評価が分かれるのではないかと思います。

監督:デヴィット・フィンチャー
出演:エドワード・ノートン
   ブラッド・ピット

2000年 第72回 アカデミー賞 音響効果編集賞受賞だけでしたが、IMDb(Internet Movie Database)やイギリス映画雑誌エンパイアでは作品内容そのものに高評価をしています。

ディパーテッド 2006年 アメリカ映画

引用元:imdb.com

予告動画を観る

香港映画「インファナル・アフェア」のリメイク版ですが、アカデミー賞作品賞受賞という快挙を成し遂げました。さすがは巨匠マーティン・スコセッシの面目躍如たるものがあります。
ボストンを舞台に、マフィアと警察の死闘を描くアクションサスペンスの作品ですが、全編緊張感が溢れて目が離せません。
さらに、レオナルド・ディカプリオの、役者としてスキルアップした一面が見られる作品に仕上がっています。マーティン・スコセッシ監督とは3回タッグを組んでいるので、馬が合うのでしょう。

監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ 
   マット・ディモン
   ジャック・ニコルソン
   マーク・ウォールバーグ

2007年 第79回 アカデミー賞 作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞 4部門受賞
2007年 第64回 ゴールデングローブ賞 監督賞受賞

ダークナイト 2008年 アメリカ映画

予告動画を観る

ご存じアメコミ映画の「バットマン」が原作となるDCヒーロー作品です。
バットマンシリーズとしては6作目になる本作品は、ダークナイト・トリロジー3部作の第二作目にあたります。
ダークナイト・トリロジーとは、監督クリストファー・ノーランが制作した、以下のバットマンシリーズのことを言います。
2005年 バットマン・ビギンズ
2008年 本作 ダークナイト
2012年 ダークナイト・ライジング
もしすべて鑑賞するのでしたら、制作年順に見たほうが良いかもしれません。
3本ともいずれ劣らぬ良い作品内容ですが、本作品の「ダークナイト」の評価が非常に高く、興行収入や各映画賞の結果からもそれは一目瞭然です。
本作のジョーカー役でアカデミー賞助演男優賞を受賞した「ヒース・レジャー」は、2008年に残念ながら急死しました。

監督:クリストファー・ノーラン
主演:クリスチャン・ベール
共演:マイケル・ケイン
   ヒース・レジャー
   モーガン・フリーマン

2009年 第81回アカデミー賞 
    助演男優賞、音響編集賞の2部門受賞 

            8部門ノミネート

キャプテン・フィリップス 2013年 アメリカ映画

引用元:imdb.com

予告動画を観る

2009年、ソマリア海域で起こった海賊によるアメリカ貨物船乗っ取り事件を描く実録アクションドラマです。
海賊が現場海域に現れ、貨物船への強引な乗り込み、船員と海賊の戦い、そして物語はクライマックスへと続く。いずれのシーンも圧倒的な臨場感を楽しめます。
船長役トム・ハンクスが演ずる極限の人間性と、ソマリア海賊役4人による迫真の演技が、本作品の緊迫感を盛り上げています。

監督:ポール・グリーングラス
主演:トム・ハンクス
共演:バーカッド・アブディ

2014年 第86回アカデミー賞 作品賞6部門ノミネートされるも受賞ならず。
2014年 第37回日本アカデミー賞 優秀外国語作品賞受賞   

レヴェナント:蘇えりし者 2015年 アメリカ映画

引用元:imdb.com

予告動画を観る

時代背景は1823年西部開拓史のころ、実在したハンターの壮絶なサバイバルと復讐劇を描くアドベンチャーアクションです。
残酷で衝撃的なアクションシーンもありますが、大自然の美しさも楽しめます。
題名の「レヴェナント」とは、本来幽霊、亡霊の意味ですが、本作品内容から考えると「蘇えった人間あるいは長い不在の後に帰ってきた人」という意味ではないでしょうか。
今一歩のところまで届きながら、アカデミー賞受賞を果たせなかったディカプリオが、本作品で悲願のオスカーを手にしたことでも注目を浴びました。
彼は作品制作時から主演男優賞を狙って完璧に準備したいたのではないでしょうか。作品からはその意気込みが感じられます。

監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
主演:レオナルド・ディカプリオ
共演:トム・ハーディ
   ドーナル・グリーソン

2016年 第88回 アカデミー賞 10部門ノミネート
    監督賞、主演男優賞、撮影賞 3部門受賞   

アベンジャーズ/エンドゲーム 2019年 アメリカ映画

引用元:imdb.com

予告動画を観る

おなじみアメコミのマーベル・コミック作品で、スーパーヒーローをベースにした映画です。
本作品でシリーズのエンド・完結ですが、2008年アイアンマンから2019年エンドゲームまでなんと、22作品が公開されました。これはなかなか大したもので、世界中で人気がなければ実現できない記録です。
さらに本作品は興行収入で「アバター」を抜き世界トップの座に座りました。

監督:アンソニー・ルッソ
出演:ロバート・ダウニー・Jr
   クリス・エヴァンス
   マーク・ラファロ
   クリス・ラファロ
   ジェレミー・レナー

アイリッシュマン 1019年 アメリカ映画

引用元:imdb.com

予告動画を観る

マーティン・スコセッシ監督とロバート・デ・ニーロが9回目のタッグを組んだ本作品は、第2次世界大戦後のアメリカ。実在の殺し屋、犯罪組織を題材にしたギャング映画です。
ギャングというとイタリアマフィアが思い浮かびますが、作品名の通り、アイルランド系アメリカ人が主人公で、ロバート・デ・ニーロとジョー・ペシが静寂な中にも緊迫感が伝わる演技をしています。
アル・パチーノが加わると、出演者の平均年齢は70歳以上と思われますが、重厚な役柄と演技はお見事です。
本作品はNetflixオリジナル作品ですので、劇場公開も限定的で地方では鑑賞する機会は少なかったようです。Netflixはいつでも鑑賞できます。

監督:マーティン・スコセッシ
出演:ロバート・デ・ニーロ
   アル・パチーノ
   ジョー・ペシ
   レイ・ロマーノ
   ボビー・カナヴェル   

2020年 第92回アカデミー賞 作品賞など9部門にノミネートされたが、すべて受賞ならず。
Netflix作品については、2018年の「ROMA」も作品賞の本命とされながら受賞できず、2年連続で涙をのんだ。

スポンサーリンク
名画紹介のためのスクリーン画像
最新情報をチェックしよう!