不要なWindows標準アプリは削除できます

アイキャッチ画像

Windows10にインストールされている標準アプリの多さにはいささか驚かされます。Windows10 home 21H2には40を超える標準アプリがインストールされています。

高機能で便利なアプリもありますが、使ったことがないアプリもたくさんあるように思います。本記事では、windows10の標準アプリを削除する方法について解説いたします。

スポンサーリンク

1 標準アプリの一覧

以下にWindows10標準アプリの一覧を掲載しました。アプリを削除するときの参考にしてください。
なお、一覧の活用度4段階については、私自身の主観で評価していますので参考程度にご覧ください。

アプリ名機能活用度
3D ビューアー3Dモデルを開き、360度視点を変えて閲覧可能 
Cortana音声操作のAIアシスタント 
EdgeWindows10標準のWebブラウザ 
Groove ミュージックWindows10標準の音楽プレイヤー 
Microsoft PayMicrosoftが運営している決済サービス ×
Math Input Panel数式を手書きで作成できる ×
 Solitaire Collectionソリティア、フリーセルなどのカードゲームアプリ。 時間つぶしに最適 
Mixed Reality ポータルARやVRのコンテンツを楽しめるが、専用のゴーグルが必要 
Officeエクセル、ワードあるいはパワーポイントなどで作成した文書を管理する 
OneNote文書や画像などを残せる電子メモ 
People連絡帳アプリで連絡先情報を一括管理できる 
Skype通話料無料のチャットアプリで、ビデオ通話も可能 
Snippin Tool画面キャプチャーして画像ファイルで保存する 
Storeアプリを配信するストア 
Power  Shellコマンド入力アプリ。 絶対に必要 
XboxXboxゲーム機と連携するためのアプリ 
Xbox Game barデスクトップ画面上の操作を録画できる。 意外と便利 
Xboxコンソールコンパニオンゲーム仲間を探したりチャットができる 
付箋メモ帳だがデスクトップ画面に貼り付けられる。 これは便利 
アラーム&クロックアラーム、ストップウォッチや世界時計を利用できる 
カメラPC内蔵カメラや外付けカメラで映像を表示、撮影ができる 
スマホ同期PCと同期したスマホのSMSを送受信したり、電話もかけたりできる。  
ヒントヘルプオプションで、Windows10のお役立ち情報などを解説している 
フィードバック HubOSやアプリで発生した問題をマイクロソフトに報告できる 
ペイント3D2Dや3D画像を編集できるペイントアプリでペイントの後継  
ペイント描画・画像編集アプリ 
ボイスレコーダーマイクで音声を録音したり、ファイルとして保存できる 
マップオンライン地図アプリ。地図上に手書きメモが書ける  
メッセージングSMSメッセージアプリ。SIMカード内蔵PCでSMSを受信できる ×
メール標準のメールアプリ 
カレンダー標準のカレンダーでメールにも切り替え可能 〇
モバイル通信プランSIMカードの通信プランを確認できる ×
切り取り&スケッチ画面キャプチャーアプリでSnipping Toolの後継 
クィックアシストWindows10のパソコンを遠隔操作できる 
天気天気予報アプリ。週間予報や現在地の気象などが確認できる 
ステップ記録ツール操作内容の画面を記録したファイルを作成できる 
セキュリティセキュリティ機能を管理するアプリ 
映画&テレビ自分で撮影した動画やストアから購入した映像を再生できる 
タッチキーボードマウス操作に加えてタッチでも文字入力が可能なソフトウェアキーボード 
タッチパッドタッチ対応のPCで利用できる。 ノートPCのタッチパッドとほぼ同じ 
電卓電卓アプリ 
問い合わせPC上のトラブルなどの解決策を検索できる 
フォト画像閲覧アプリで、近年は多機能になり使いやすい 
文字コード表特殊文字などのリストが表示できる ×
リモート デスクトップ接続Windows10以外のPCでも遠隔操作が可能 
ワードパッド文書作成アプリだがWordとは別物。Wordの簡易アプリ 
Media Player動画や音楽などのコンテンツを再生するためのアプリ。  
ビデオエディタ音楽や特殊効果などを使って新しいビデオを作成できる 
One Drive無料のオンラインストレージサービス 
メモ帳簡易的なテキストエディタ。 文書作成アプリではない 
ニュース最新のニュースを閲覧できるアプリ 
音声認識マウスやキーボードの操作を音声で命令して実行できる。 マイクが必要である   
拡大鏡画面内の指定された部分を拡大して表示することができる 
スクリーンキーボード画面上に表示されるソフトウェアキーボードをクリックして文字を入力できる △
ナレーター画面上のテキストやボタンなどの項目を読み上げて操作できる 視覚障碍者対応 

 

以下の記事でもWindows10のアプリケーションについて解説しています。

関連記事

パソコンに関するソフトウェアは数限りなくありますが、今回ご紹介するツールは初心者の方にも使い勝手の良い、シンプルで操作が簡単なWindows用フリーソフトを集めてみました。何かの場面できっと役立つときがあるはずです。関連記事:超便[…]

アイキャッチ画像

2 アプリの種類

アプリの種類はMicrosoft Storeアプリ(UWP)デスクトップアプリがあります。

2-1 アプリの見分け方

アプリを見ただけで判別するのは相当難しいと思います。スタートメニューのアプリ一覧から確認するのが最も簡単な方法です。

確認手順

  1. 「スタート」ボタンをクリックします。
  2. アプリ一覧が表示されたら、確認したいアプリを右クリックします。
  3. コンテキストメニューの「その他」にマウスオーバー(マウスを乗せる)し、以下のような右側に表示された項目を確認して見分けます。
スポンサーリンク
Microsoft Storeアプリの場合

ストアアプリの場合は、以下のように「アプリの設定」「評価とレビュー」「共有」の3項目が表示されます。

ストアプリの表示確認

デスクトップアプリの場合

デスクトップアプリの場合は、以下のように「ファイルの場所を開く」が表示されます。

デスクトップアプリの表示確認

アプリの種類の確認方法は以上です。

3 アプリの削除方法

アプリについてはユーザーによって必要度は異なります。闇雲に削除するのではなく、アプリの機能などをじっくり調べてから削除するようにしてください。

なお、削除した標準アプリが後から必要になったら、「Microsoft Store」から再インストールできます。

削除方法として大雑把にいうと、デスクトップアプリは「スタートメニュー」、「Windows設定画面」、及びコントロールパネルの「プログラムと機能」から削除が可能です。

Microsoft Storeアプリは「Windows設定画面」または「Power Shell」を使って削除できますが、「デスクトップアプリ」はこの方法で、「Microsoft Storeアプリ」はこの方法などと、削除方法は決められてはいません。アプリによって削除方法が異なることをご承知おきください。

3-1 「スタートメニュー」から削除する

もっとも簡単な削除方法で、スタートメニュー内のアイコンにアクセスして削除します。

ここでは例としてMicrosoft Storeアプリの「Microsoftニュース」を選択していますが、削除したいアプリを選択すれば同じ手順で削除できます。

  1. デスクトップ画面左下の「スタート」ボタンをクリックします。
  2. 「Microsoftニュース」アイコン上で右クリックし、表示されたコンテキストメニューから「アンインストール」をクリックします。

    アプリ削除画像


  3. 以下の画面が表示されたら「アンインストール」をクリックします。

    アプリ削除画像


  4. 「Microsoftニュース」の場合はこれで削除完了です。

もう一つ例として、デスクトップアプリの「One Drive」を削除してみましょう。

  1. デスクトップ左下「スタート」をクリックします。
  2. 「One Drive」アイコン上で右クリックし、表示されたコンテキストメニューから「アンインストール」をクリックします。

    アプリ削除画像


  3. 今度は以下のように「プログラムと機能」の「プログラムのアンインストールまたは変更」に飛ばされました。
    ここで「Microsoft OneDrive」を選択し右クリックします。

    アプリ削除画像


    右クリックすると「アンインストール」が表示されるので、以降は指示に従って操作を行えばアプリの削除は完了します。

    アプリ削除画像

3-2 アプリの設定画面から削除する

ここでは例として「天気」アプリを削除してみます。

  1. デスクトップ画面左下の「スタート」ボタンをクリックするか、右クリックして「設定」を選択します。

    PowerShell画面


  2. 設定画面が表示されたら「アプリ」をクリックします。

    Windows設定画面


  3. 左ペインの「アプリと機能」をクリックします。

    Windows設定画面


  4. アプリ一覧が表示されたら、削除(アンインストール)する「天気」アプリと、「アンインストール」ボタンを順にクリックします。ここで、「アンインストール」ボタンがグレーアウトしてクリックできない場合はアプリの削除はできません。

    Windows設定画面



  5. アンインストール確認のメッセージが表示されたら、「アンインストール」をクリックします。

    Windows設定画面

3-3 「PowerShell」を使って削除する

上述3-1と3-2を使って削除できない場合は「PowerShell」の出番です。「Powershell」は、Windowsに搭載されている機能に対して、「コマンドレット」と呼ばれる命令文を使ってアクセスするためのツールです。

ここでは例として通常の方法では削除できない「マップ」の削除をしてみます。

  1. デスクトップ画面左下の「スタート」ボタンを右クリックし「Windows PowerShell(管理者)(A)」をクリックします。

    PowerShell画面


  2. 「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」のメッセージが表示されたら、「はい」をクリックします。

    PowerShell画面

  3. PowerShellの画面が表示されます。

    PowerShell画面


  4. 以下の「マップ削除用コマンドレット」をコピー&ペーストして入力します。
    Get-AppxPackage Microsoft.WindowsMaps | Remove-AppxPackage

    PowerShell画面

  5. 以下のような画面が表示されていれば、アプリ削除は完了です。
    スタートメニューからマップアイコンが削除されていることを確認してください。

    PowerShell画面

以降は手順で、削除したいアプリのコマンドレットを入力してください。

本記事での簡単な入力方法は、上記のようにコマンドレットをコピー&ペーストで入力するか、下の「削除用コマンドレットの例」から「コピー」ボタンを押してペーストしてください。

削除用コマンドレットの例

右の「copy」ボタンを押せば、クリップボードにコマンドレットがコピーされているのでペーストしてください。

マップ
Get-AppxPackage Microsoft.WindowsMaps | Remove-AppxPackage
コルタナ
Get-AppxPackage -allusers Microsoft.549981C3F5F10 | Remove-AppxPackage
カメラ
Get-AppxPackage Microsoft.WindowsCamera | Remove-AppxPackage
アラーム&クロック
Get-AppxPackage Microsoft.WindowsAlarms | Remove-AppxPackage
フォト
Get-AppxPackage Microsoft.Windows.Photos | Remove-AppxPackage
ボイスレコーダー
Get-AppxPackage Microsoft.WindowsSoundRecorder | Remove-AppxPackage
映画&テレビ
Get-AppxPackage Microsoft.ZuneVideo | Remove-AppxPackage
天気
Get-AppxPackage Microsoft.BingWeather | Remove-AppxPackage
People
Get-AppxPackage Microsoft.People | Remove-AppxPackage
Skype
Get-AppxPackage Microsoft.SkypeApp" | Remove-AppxProvisionedPackage -Online
Xbox
Get-AppxPackage Microsoft.XboxApp | Remove-AppxPackage

以上でWindows10にインストールされている、標準アプリの削除方法に関する解説を終わります。

スポンサーリンク
アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!