プログラミング言語スクラッチ

プログラミング言語「Scratch」のご紹介

プログラミング言語スクラッチ

プログラミング言語とは

例えば、ある文書を印刷したいとき、パソコンからプリンターアイコンなどをクリックして印刷します。このような処理をコンピューターに理解してもらうには、コンピュータが解釈できる言葉で命令する必要があります。

そのための言葉がプログラミング言語です。コンピュータが理解できる言葉は機械語と呼ばれ、人間にとって理解しにくいため、人間が理解しやすく、かつコンピュータに正確に命令を出すためにプログラミング言語が生まれました。

現在、プログラミング言語は、世界で200程度あると言われていますが、実際に使用されている言語はある程度限られています。

「C言語」「C#」「Java」「Java Script」「PHP」「Ruby」「Python」あるいはGoogle社が開発し、最近注目されている「Go」などが人気のある言語のようです。

子供向けのプログラミング言語も多数ありますが、その筆頭が「Scratch(スクラッチ)」というプログラミング言語です。
本記事ではこの Scratch(スクラッチ)」について解説いたします。

スポンサーリンク

プログラミング言語 「 Scratch 」 とは

Scratch 」 は米MIT(マサチューセッツ工科大学)のメディアラボで開発された、子供向けのプログラミングソフトです。

プログラミングというと、英数字混じりの難解な表記が多く、構文や概念も複雑です。しかし「 Scratch 」はプログラミングのコードを記述しなくても、プログラム処理の仕組みを、視覚的に理解することができます。
つまり、ドラッグ&ドロップなどの簡単な操作で、ほとんどの処理は完結してしまいます。

また、「 Scratch 」 を使うと、ゲーム、アニメーションあるいは電子楽器などの仕組みを自分で作り学ぶことができます。 コンピューターに仕事の手順を教えて仕組みを作るという一連の手順を、子供でも簡単に習得できるソフトウェアです。  

日本の小学校でも、いよいよプログラミングに関する教育が始まります。このソフトウェアを使って、ご家庭の子供さんと一緒に、楽しくプログラミング学習するきっかけになればと考えています。

Scratch をはじめよう

Scratchは、インターネット環境とWebブラウザがあれば、インストールや設定は不要で、すぐに使い始めることができます。

本記事では、すべての操作方法は紙面の関係上、ご紹介できませんので、ユーザー登録の方法のみ解説しますので、どうぞご了承ください。なお、OSはWindows10、ブラウザはGoogle Chromeを使用しております。

ユーザー登録の方法

Webブラウザを起動し、ScratchのWebサイト(https://scratch.mit.edu)にアクセスします。 以下のようなトップページが表示されたら、画面右上の「 Scratch に参加しよう」というリンクをクリックして、ユーザー登録を始める。

Scratchのユーザー登録方法

画面が表示されたら、本名以外の好みのユーザー名と6文字以上のパスワードを入力(すでに登録されているユーザー名は使用できません。)入力後、「次へ」をクリック

Scratch参加画面

国「JAPAN」を選択し「次へ」をクリック

住まい入力画面

生まれた年月を入力して「次へ」をクリック

生年月日入力画面

性別を選択して「次へ」をクリック

性別入力画面

メールアドレスを入力して「アカウントを作成する」をクリック。

メールアドレス入力画面

これでユーザー登録は完了です。ようこそ画面の「はじめよう」をクリック

Scratchへようこそ

ログイン画面が表示されます。画面右上にはユーザー名が表示されています。画面上部には「Confirm your email to enable sharing(プロジェクトを共有するために、メールを確認してください。)」という警告が表示されています。

ログイン画面

この警告メッセージを消去するには、登録したメールアドレスに届いている「Confirm your Scratch account」 の「Confirm my account」をクリックしてください。

メールメッセージ

メール確認が終わると「Scratchへようこそ」の画面が表示され、画面右上にユーザー名が表示され、ログインした状態になっています。

この画面からプロジェクト作業が開始できます。色々クリックしてみて、どのようなものか、アウトラインを確認してみてください。

Scratchへようこそ

以下の画面がプロジェクト開始ページです。

Scratch プロジェクトページ

最後に、参考図書の一部をご紹介します。

大人用:Scratchではじめよう! プログラミング入門 Scratch 3.0版

親子用:よくわかる Scratch 3.0ではじめるプログラミング

以上で、プログラミング言語「Scratch」要旨の解説を終わります。

スポンサーリンク
プログラミング言語スクラッチ
最新情報をチェックしよう!