スマートフォンで開いているWebページをパソコンに送信してみる

アイキャッチ画像

 外出先などでスマートフォンを使用中に、気になるWebページを見つけた。そんな時、あとからパソコンで閲覧したいとか、大きなディスプレイで読みたいと思ったことはありませんか。
 ブックマークしたり、URLなどをコピーする必要はありません。Google chrome搭載の「お使いのデバイスに送信」という機能を使えば、閲覧中のWebページを、スマートフォンからパソコンへ、その逆の送信も簡単に行うことができます。
 Webサイトによっては、パソコンを対象としてページが作成され、モバイル端末で閲覧すると画面表示がおかしいときがあります。そのような時にもこの機能は役立つと思います。
 本章ではAndroid10以降のOSを基準として、開いているWebページを他の端末(デバイス)に送信する方法について解説いたします。
 

本操作を行うにあたっては次の要件を確認してください。

  • 利用端末(デバイス)が同じGoogleアカウントでログイン中であること。
  • スマートフォンやタブレットにChromeアプリがインストールされていること。
  • パソコンにChromeがインストールされていること。
スポンサーリンク

1 Androidスマホからパソコンに送信する方法

❶ 送信したい「webページ」を開いておきます。

❷「Chrome」アプリをタップして開きます。

❸ 画面右上の「︙」縦3点リーダーをタップします。

❹「共有」をタップします。

Chrome設定画面

 

❺ 「お使いのデバイスに送信」をタップします。

Chrome設定画面

❻ もし複数のデバイスが表示されたら対象のデバイスをタップします。

❼ パソコンの右下通知エリアにポップアップ通知が表示されます。(トースト通知とも言います。)

ファイル送信画像

通知が表示されない場合は、右下の「アクションセンター」をクリックするか、Windowsの設定を確認してください。
「設定」➡「システム」➡「通知とアクション」➡「アプリやその他の送信者からの通知を取得する」が「オン」であること。
「送信元ごとの通知の受信設定」でGoogle chromeが「オン」であること。

❽ 通知メッセージをクリックすると送信したWebページが表示されます。

ファイル送信画像

2 パソコンからAndroidスマホに送信する方法

パソコンからスマートフォンに送信する2つの方法は以下のとおりです。

2-1 その1

ファイル送信画像

❶ 送信したいWebページを開いておきます。

❷ 上部のアドレスバーをクリックします。

❸ アドレスバー右側のアイコン(このページを送信)をクリックします。

❹ 表示されたデバイス一覧から対象を選択してクリックします。

❺ 対象デバイスに通知され、パソコンで閲覧していたWebページが表示されます。

2-2 その2

ファイル送信画像

❶ 送信したいWebページを開いておきます。

❷ 画面上で画像などが表示されていない場所を右クリックします。

❸ メニューの「お使いのデバイスに送信」をクリックします。

❹ 表示された送信対象のデバイスをクリックします。

❺ 対象デバイスに通知され、パソコンで閲覧していたWebページが表示されます。

 端末同士の連携を利用して仕事に遊びに利用できる機会は多いと思います。今後の参考になれば幸いです。以上で「スマートフォンで開いているWebページをパソコンに送信してみる」に関する解説を終わります。

スポンサーリンク
アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!