ショートカットキーを使えば、Windows 11はもっと便利になる

アイキャッチ画像

ショートカットキーは、マウスを使ってWindowsを操作する代わりに、キーボードのキーを組み合わせて操作、実行します。

仕事やプライベートでWindowsを利用している人は、Windows 11でも大いに利用していることでしょう。

ショートカットキーは、使い方次第ではマウスを使うより効率的かつ、素早く操作できる方法です。

本記事では、Windows 11で追加されたショートカットキーや、使って便利なショートカットキーについて解説いたしますが、  [Windowsキー ] + [◯]  キーの組み合わせに絞っています。

Windows 10と共通のショートカットキーも一部含まれています。

なお、本文中の [win] という表示は、キーボードのWindowsロゴマーク、「Windowsロゴマーク画像」を表しています。

ショートカットキーに関する記事については、以下のリンクも合わせてご覧ください。

関連記事

  1 とっても便利なショートカットキーWindow10パソコンを操作するとき、マウス利用がメインの人やショートカットキーを多用する人などさまざまです。ショートカットキーを使うと作業効率を大幅[…]

アイキャッチ画像
スポンサーリンク

Windows 11に追加されたショートカットキー

Windows 11に追加されたショートカットキーは以下の7項目です。
Windows 10と同様のショートカットキーもありますが、結果に違いがあります。

[ Win ] + [ A ]  クイック設定を開く

[クィック設定」は画面右下に表示される通知センターの一部で、Windows 11の設定を開くことやWi-Fi、Bluetooth、機内モード、夜間モード、集中モード、アクセシビリティなどのオンオフあるいは、音量を調節したりすることができます。

Windows 10の場合は、画面右下に「アクションセンター」が開きます。

Windows11 クィック設定画像

[ Win ] + [ C ]  チャットを起動する

Windows 11の新機能である個人向け「teams」の「チャット」が開きます。

家族での連絡や友人との連絡手段として利用できる、コミュニケーションツールです。

Windows 10の場合は、コルタナが起動します。

Windows11 チャット画像

[ Win ] + [ H ] 音声入力を起動する

Windows 11になり、機能が大幅に向上した音声入力を起動します。
Micro Softのオンライン音声認識技術を利用して、音声をテキストに変換しています。

当然のことですが、音声入力機能を起動すると半角英数字のみ入力可能ですが、日本語入力はできません。

Windows11 音声認識画像

スポンサーリンク

[ Win ] + [ K ]  キャストを起動する

クィック設定項目の「キャスト」を起動します。機能としては、Miracastを使って別のパソコンやスマホなどの画面を、ワイヤレスで表示できます。

Windows 10の場合は、デバイスの接続画面が開きます。

Windows11 キャスト画像


Miracast(ミラキャスト)とは
Wi-Fを使って、ディスプレイの表示を伝送する機能です。
使っているパソコンの画面を別のパソコンに表示したり、ほかのパソコンやスマートフォンの画面を、使っているパソコンに表示したりできます。

[ Win ] + [ N ]  通知センターとカレンダーを表示する

画面右下の通知センターとカレンダーを表示します。

Windows11 通知センターとカレンダー画像

[ Win ] + [ W ]   ウィジェットを開く

画面左からウィジェットを開き、ニュースやお天気などの情報を確認ができます。

Windows11 ウィジェット画像


Windows 10の場合は、Windows lnk ワークスペースが開きます。
Windows lnkは、Whiteboard、付箋、切り取り&スケッチなどの機能をまとめたものです。

[ Win ] + [ Z ] スナップレイアウトを開く

Windows 11 の新機能であるスナップレイアウトを開くことができます。
ウィンドウの右上にポップアップウインドウが表示され、設定したいレイアウトを選択できます。

Windows11 スナップレイアウト画像

使って便利なショートカットキー

[ Win ] + [ D ] デスクトップを表示する

デスクトップが一発で表示され、開いているアプリなどは非表示になります。元に戻すときは、同じ操作を行います。

デスクトップ画像

[ Win ] + [ L ]

Windowsを一発でロックします。短時間席を離れる場合やパソコンの覗き防止などに使うと便利です。

元に戻すときは、「PIN」を入力します。

[ Win ] + [ P ] クィック設定の「映す」を表示する

ほかのディスプレイに表示する方法を選択できます。画面の投影モードを変更するときなどに使います。

Windows11 投影スクリーン画像


選択できる投影モードは以下の4種類です。
 PC画面のみ
 複製
 拡張
 セカンドスクリーンのみ

[ Win ] + [ S ] 検索ウィンドウを表示する

タスクバーに鎮座している「虫眼鏡アイコン」をクリックするのと同じ検索ウィンドウが開きます。

アプリ、ドキュメント、ウェブ、フォルダ、音楽、写真、人、設定、電子メール及び動画から検索できます。

上述のカテゴリーを絞って検索する必要がなければ、デフォルトの「すべて」で検索すれば手っ取り早いです。

Windows11 検索画像

[ Win ] + [ T ] タスクバーのアプリを選択する

[ Win ]を押したまま[ T ]を押すごとに、タスクバーのアプリを左から順番に選択できます。

選択したアプリ上で「Enter」すれば実行できます。

Windows11 タスクバー番号画像

[ Win ] + [ 1 ]~[0] タスクバーのアプリを実行する

タスクバーのアプリに割り振られた番号「1」~「0」を実行できます。

割り振られたタスクバーの番号

タスクバーアプリの番号

[ Win ] + [Pause] システム・バージョン情報を表示する

設定の「システム」内「バージョン情報」を表示します。
Windowsのエディションやバージョン、使用しているPCのデバイス名、CPU、搭載メモリなどを確認できます。

Windows11 バージョン情報画像

[ Win ] + [ Tab ] タスクビューを表示する

複数のデスクトップを作成して作業をするときに、どのデスクトップに何のファイルやアプリが表示されているのか確認できます。

Windows11 タスクビュー画像

以上で「ショートカットキーを使えば、Windows 11はもっと便利になる」に関する解説を終わります。

スポンサーリンク
アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!