Androidスマホで気になる音は消しましょう

アイキャッチ画像

 毎日利用するスマートフォンですが、外出中や仕事中に鳴動する着信音や、通知音などには皆様もさぞかし気をつかっていることと思います。
 
 Androidスマートフォンは音を出すことにより、周囲の方々に迷惑が掛かるのを防ぐため、その場に合わせた消音設定がいくつか準備されています。

 本記事では、消音設定の「マナーモード」と「サイレントモード」の相違点や各モードの設定方法について解説いたします。

 Android10以降のスマートフォンについて解説いたしますが、OSのバージョンや端末機種により操作方法が異なります。

 この記事で説明する表示が見当たらない場合は、似たような項目を探して操作するか、スマートフォンのメーカーサイトの手順書などをご参照ください。

スポンサーリンク

1 マナーモードの概要と設定方法

Androidスマートフォンの音量は通常、以下の4種類(画像参照)について設定できます。

  1. スマホの「設定 ⚙」をタップします。
  2. 「音」もしくは「音設定」「サウンド」などをタップします。
  3. 以下の画面が表示されます。

スマートフォンの音量設定画面

1-1 マナーモードの概要

 マナーモードは基本的に「着信音」、「通知音」、「操作音」を消し、バイブレーションになります。さらに、以下のようにモードを細分化できます。

  1. バイブレーション
    着信音、通知音、操作音は鳴動しませんが、着信時はバイブレーション(振動)が動作して知らせてくれます。ただし、アラーム音やメディア音は鳴動設定されていれば鳴動します。
  2. ミュート
    着信音、通知音、操作音は鳴動せず、バイブレーションも動作しません。

 各モードをスマホの利用状況に応じ、適時適切に設定してご利用ください。
 なお、通話相手の「通話音量」、音楽アプリなどからの「メディア音量」および時計アプリからの「アラーム音量」は、マナーモード設定してもオフにはなりません。
オフにしたいときは、項目ごとにスライダーによる手動で行ってください。

 
ケロケロ
カメラのシャッター音や撮影開始および終了音は、マナーモード設定していても消音できません。

1-2 マナーモードの設定方法

  1. スマホ画面を最上部から下にスワイプして、「クィック設定パネル」を表示します。
  2. 以下の画面が表示されます。
  3. 「ベルマーク」を押すたびに「バイブレーション」「ミュート」「マナーモード オフ」を選択できます。

マナーモード設定画面

ボリュームボタンを下に押し続けることでも、以下のようにマナーモード設定はできます。

マナーモード設定画面

2 サイレントモードの概要と設定方法

 サイレントモードをオンに設定すると以下のように消音できます。

  • 着信音とバイブレーションをミュートします。(着信があっても反応なし)
  • メディア音やアラーム音、操作音をミュートします。

 マナーモードよりさらに1歩踏み込んだ設定ができ、消音状態のスマホに対し、鳴動させる例外を設けることで、消音の一部を解除する機能と考えてもよいかと思います。

 なお、機種メーカーによりサイレントモードの呼称が異なります。(高度なマナーモードあるいは高度なサイレントモードなど。)機能としてはほぼ同じと考えてよいかと思います。

スポンサーリンク
♦ AQUOS SH-M07の設定方法は以下のとおりです。

2-1 「高度なマナーモード」(サイレントモードのこと) の開き方

  1. 「設定 ⚙」をタップします。
  2. 「音」または「音設定」「サウンド」などをタップします。
  3. 以下の画面が表示されます。
  4. 「高度なマナーモード」をタップすると、設定画面が表示されます。

サイレントモード設定画面

2-2 高度なマナーモードを「ON」にする

  1. 「設定 ⚙」をタップします。
  2. 「音」または「音設定」「サウンド」などをタップします。
  3. 以下の画面が表示されたら、「今すぐONにする」をタップします。
  4. 6項目について設定可能です。

サイレントモード設定画面

「高度なマナーモード」をONにすると以下のように表示されます。

サイレントモード設定画面

 
ケロケロ
ステータスバーに進入禁止のようなアイコンか三日月アイコンが表示されます。

2-3 サイレントモードの設定方法

①の通話設定

着信を許可する相手を以下の手順で選択できます。

  1. 上記の手順で「高度なマナーモード」を開きます。
  2. 「通話」をタップします。
  3. 「通話を許可」をタップします。
  4. 以下の画面が表示されます。
  5. 通話を許可する相手を選択します。

サイレントモード設定画面

②のSMS、MMS、メッセージアプリ設定

SMSやメッセージを許可するか否かを設定できます。

  1. 「高度なマナーモード」開きます。
  2. SMS、MMS、メッセージアプリをタップします。
  3. 「メッセージを許可」をタップします。
  4. 以下の画面が表示されます。
  5. メッセージを許可する相手を選択します。

サイレントモード設定画面

③のすべての例外を表示設定

「アラーム、メディアサウンド、操作音、リマインダー、予定」の音の鳴動を許可するかどうか設定できます。

  1. 「高度なマナーモード」を開きます。
  2. 「全ての例外を表示」をタップします。
  3. 以下の画面が表示されます。
  4. それぞれの項目をオンかオフにします。

サイレントモード設定画面

➃の通知の制限設定

通知音なし、通知の非表示などを設定できます。

  1. 「高度なマナーモード」を開きます。
  2. 「通知の制限」をタップします。
  3. 以下の画面が表示されます。
  4. 好みの項目を選択します。
    「カスタム」を選択して「⚙」をタップするとさらに詳細設定ができます。

サイレントモード設定画面

⑤のデフオルトの期間設定

高度なマナーモードがオフになるまでの期間を設定できます。

  1. 「高度なマナーモード」を開きます。
  2. 「デフォルトの期間」をタップします。
  3. 以下の画面が表示されます。
  4. 好みの項目を選択します。
    「1時間を選択すると」+/-マークを利用して1時間単位で増減できます。

サイレントモード設定画面を表示

⑥のスケジュール設定

「高度なマナーモード」のスケジュールを設定することで、自動的にオン、オフを切り替えできます。

  1. 「高度なマナーモード」を開きます。
  2. 「スケジュール」をタップします。
  3. 以下の画面が表示されます。
  4. 好みの項目を選択します。
  5. 右の「⚙」をタップするとさらに詳細設定ができます。

サイレントモード設定画面

例として「平日の夜」の詳細設定は以下のようになります。
曜日、スケジュールの開始、終了時間を設定できます。

サイレントモード設定画面

 マナーモードとサイレントモードに関する解説は以上ですが、Androidには似たような機能がほかにもあります。それは「おやすみ時間モード」「機内モード」です。

「おやすみ時間モード」について

 就寝中は電話の着信やアプリ通知を一定の時間オフにできるほか、スマホの画面をグレー表示にすることで目の負担軽減ができる機能を持っています。

設定方法などについては以下の記事をご参照ください。

機内モードについて

 機内モードは飛行機搭乗のときだけ使うものと思いがちですが、「飛行機アイコン」をワンタップするだけで、一発で電波を遮断できます。つまり、電源をオフにした時と同様の振る舞いをするわけです。短時間であれば使ってみる価値はあると思います。

 
ケロケロ
機内モードがオンでも、Wi-Fiは利用できますよ。

 スマートフォンは今や無くてはならない必須のツールといってよいでしょう。しかし、公共の場所などで使い方を誤ると、迷惑がかかるだけでなく、トラブルを誘引することにもなります。適時適切な使い方を心がけましょう。

スポンサーリンク
アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!