Google 定額制「Google Play Pass」が日本登場 サービスを開始

アイキャッチ画像

Googleは2022年4月28日、定額制で利用できる「Google Play Pass」のサービスを日本でも開始すると発表しました。

米国では2019年9月からサービスが始まっていたので、日本上陸を待ちわびていた人々もかなりいたのではないでしょうか。

本記事ではまだ耳新しい、「Google Play Pass」の概要について解説いたします。

 
アッシー
ちょっとちょっと、Google Play Passって何のことなの?
 
トミー
これは、数百にもなるアプリやゲームを定額制で、使い放題で利用できるサービスのことだよ。
スポンサーリンク

Google Play Passの概要

Google Play Pass画像

Google Play Passは、広告なし、アプリ内購入もなし、アプリ単位での事前支払いもなく、41カテゴリーで、数百にも及ぶアプリやゲームを使い放題で楽しめるというサブスクリプションサービスです。

Google ファミリーグループを利用すると、Google Play Passの定期購入を最大5人のファミリーメンバと共有できるそうです。

似たようなサブスクリプションサービスでは、Appleが「Apple Arcade」をGoogle Play Passに先行して日本で開始しています。

利用料金は月額プラン600円(税込)、または年額プラン5,400円(税込)から選択でき、1ヶ月の無料トライアルも用意されています。

無料トライアルが終了すると、月額プランもしくは年額プランの購入が必要になるので、プランに加入しない人は事前の無料トライアル解約をおすすめします。

Google Play Passのサービス内容

Google Play Pass画像

現在判明しているGoogle Play Passのサービス概要は以下のとおりですが、毎月新しいゲームやアプリがコレクションに追加されます。

ゲーム

スポーツやパズル、アクションゲームあるいはファミリー向けゲームなどがコレクションとして用意されています。

「信長の野望・武将風雲録」「ベリーリトルナイトメア」や、「ねこあつめ」「冒険ダンジョン村」「Monument Valley」「Stardew Valley」といった国内外の様々なゲームもラインナップしてます。

近日中に、人気ロールプレイングゲーム 「モンスターハンターストーリーズ」 が、さらに「FINAL FANTASY VII 」が 2022年夏〜秋頃に Play Pass に登場予定です。

アプリ

ポッドキャストなどを始めとして、実用度の高いアプリを提供するとのことです。

スポンサーリンク

利用手順

登録方法は以下のとおりです。

  1. Androidデバイス(スマートフォンやタブレット)を用意します。
  2. Google Play ストアアプリを起動します。
  3. 画面右上の「プロフィール」アイコンと「Play Pass」を順番にタップします。

    Google Play Pass画像


  4. 「利用を開始」をタップします。

    Google Play Pass画像

以上で「Google Play Pass」に関する解説を終わります。

スポンサーリンク
アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!