Windows 11 コントロールパネルを開く4つの方法

アイキャッチ画像

パソコンを使っていると、システムなどの情報確認、ユーザーアカウントやネットワークの状態、ハードウェアの設定や確認など、やりたい項目がたくさんあります。そんな時手軽に行えるのが「コントロールパネル」でした。

しかし、Windows10以降はアプリ一覧に直接表示されず、「コントロールパネルはどこに行った。」などと戸惑うユーザーも見られます。

Microsoftの方針でコントロールパネルの使用を控え、設定アプリを使って設定しなさいということでしょうが、電源オプションなど、一部の機能ではコントロールパネル経由でないと設定できない項目もあります。

コントロールパネルはなくなってはいません。目立たない場所にそっと隠れています。

本記事では、コントロールパネルを開く4つの方法について解説いたします。

Windows 11関連の記事は以下のリンクもご覧ください。

関連記事

ご存じのようにWindows 10とWindows 11には、スマホと連携できる「スマホ同期」機能が搭載されています。スマホの通信回線を使って、スマホとパソコンのデータなどをやり取りするアプリですが、USBケーブルでお互いを接続する必要も[…]

アイキャッチ画像
関連記事

Windows 11の終了(シャットダウン)などの動作は、ボタン配置は変更されましたが手順はWindows 10とほぼ変わりありません。本記事ではWindows 11の「シャットダウン」、「再起動」、「スリープ」、「サインアウト」の操作手[…]

アイキャッチ画像
スポンサーリンク

1 Windows ツールから開く

Windows 11の新しい機能「Windows ツール」内にはさまざまな設定項目や各種情報、コマンドアプリなどがあり、それらの一部として「コントロールパネル」があります。

  1. 「スタート」ボタンと、画面右上にある「すべてのアプリ」を順番にクリックします。

    コントロールパネル画像

  2. 「すべてのアプリ」一覧が表示されたら、下にドラッグしアルファベット「w」欄の「Windowsツール」をクリックします。

    コントロールパネル画像

  3. 「Windowsツール」が表示されたら、一覧から「コントロールパネル」をダブルクリックします。

    コントロールパネル画像

  4. 「コントロールパネル」が表示されました。

    コントロールパネル画像

2 検索から開く

タスクバーの検索画面の入力ボックスに「コント」、「コントロール」、または「control」の文字を入力します。

  1. タスクバーの虫眼鏡「検索」アイコンをクリックし、入力ボックスの「検索するには、ここに入力します」に、「コント」、「cont」、「コントロール」、または「control」の文字を入力します。

    コントロールパネル画像

  2. 表示画面左ペインの「コントロールパネル」をクリックします。

    コントロールパネル画像

  3. コントロールパネルが表示されました。

    コントロールパネル画像
* スタートメニューの検索を使う

上述との違いは虫眼鏡アイコンをクリックしないだけで、あとは同じ操作手順で行います。

  1. 「スタート」ボタンをクリックし、入力ボックスの「検索するには、ここに入力します」欄に、「コント」、「cont」、「コントロール」、または「control」の文字を入力します。
  2. 表示画面左ペインの「コントロールパネル」をクリックします。

3 ショートカットキーから開く

スポンサーリンク

3-1 「Windows」➡「C」➡「P」➡「Enter」の場合

この手順でコントロールパネルが「最も一致する検索結果」欄に表示されない場合もありますが、その下の「アプリ」欄にコントロールパネルが表示されます。

  1. 半角英数字の入力状態で「Windows」➡「C」➡「P」キーを順番に押します。同時押しではありません。
  2. 「最も一致する検索結果」欄にコントロールパネルが表示されたときは、「Enter」を押してください。
    下の「アプリ」にコントロールパネルが表示された場合は、「↓」でコントロールパネルまで移動し、Enterを押すか、コントロールパネルをクリックしてください。
  3. 画面左ペインに表示された「コントロールパネル」をクリックします。

    コントロールパネル画像

  4. 上述2-③のようにコントロールパネルが表示されました。

3-2 「Windows + R」キーの場合

「ファイル名を指定して実行」するショートカットキー「Windows + R」を使ってコントロールパネルを開きます。

  1. 「Windows + R」キーを同時に押し、「ファイル名を指定して実行」を表示します。
  2. 入力ボックスに「control」と入力し、「OK」をクリック、または「Enter」を押します。

    コントロールパネル画像を表示

  3. 上述2-③のようにコントロールパネルが表示されました。

「ファイル名を指定して実行」はスタートボタン上で右クリックしても表示できます。

4 エクスプローラーから開く

この方法は簡単で意外と速くおすすめの手順です。コントロールパネルの本体はデスクトップにあります。それを利用して以下の2つの方法で開きます。

その1

  1. タスクバーの「エクスプローラー」をクリックするか、ショートカット「Windows + E」キーを同時に押して、エクスプローラーを開きます。
  2. アドレスバーの星マーク右にある「>」をクリックし、デスクトップメニューから「コントロールパネル」をクリックします。
    以下の画像では「⋁」と表示されていますが、クリック前は「>」と表示されています。

    コントロールパネル画像

  3. 上述2-③のようにコントロールパネルが表示されました。

その2

上述その1とほぼ同じ操作手順で行い手間もかかりません。

  1. 上述その1のように、タスクバーの「エクスプローラー」をクリックするか、ショートカット「Windows + E」キーを同時に押して、エクスプローラーを開きます。
  2. アドレスバーの星マーク左にある「↑」をクリックします。

    コントロールパネル画像

  3. デスクトップメニューから「コントロールパネル」をクリックします。

    コントロールパネル画像
  4. コントロールパネルが表示されました。

以上でコントロールパネルを開く4つの方法に関する解説を終わります。

スポンサーリンク
アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!